難治性疼痛患者支援協会
ぐっどばいペイン
ウェブ・サイト

タイトル画 ちび子★キエ 壱色笑店

スタッフより | 設立の目的 | 規 約 | ご入会・ご支援の方法 | お問い合わせ | 掲示板  | 資料倉庫  |

=難治性疼痛:慢性の痛み 市民公開講座&交流会in名古屋のご案内=

「腰痛は脳が原因?」の本当の意味
~痛みの仕組みと治し方:わかったこと・わからないこと~

共 催:NPO法人いたみ医学研究情報センター 難治性疼痛患者支援協会ぐっどばいペイン

日 時:平成28年8月7日(日)13時30分~16時30分
場 所:TKPガーデンシティ名古屋新幹線口 カンファレンスホール4A

| ※参加申込フォーム | ※詳細はこちら |


【関連リンク】

ペイン・マネージメント・ネットワーク日本語版

厚生労働科学研究費補助金 慢性の痛み対策研究事業 慢性の痛み診療・教育の基盤となるシステム構築に関する研究班

心と体の痛みのお部屋  慢性疼痛海外治療体験記

全国脊髄損傷後疼痛患者の会

NPO法人いたみ医学研究情報センター

線維筋痛症友の会

トリガーポイント研究所

慢性痛患者のためのセルフケア講座

今後の慢性の痛み対策について 「慢性の痛みに関する検討会」からの提言


【 広 告 】



このサイト経由で、アマゾンの買い物をすると、ぐっどばいペインに寄付されます。

キーワードによるサーチ:
Amazon.co.jpアソシエイト


Search Now:





















































































































































































【お知らせ】
 ◎ポルトガル厚生局による「国家疼痛管理プログラム」
  を和訳しました。  (平成28年6月24日)
 国家としての疼痛管理の指針がわかりやすく示されています。是非、ご一読を。 日本語版 英語版 

Pain Management Network 日本語版

オーストラリア ニュー サウスウェールズ州保健省臨床革新庁による慢性痛対策Webサイト。
許可を得て公開をはじめました。皆様の応援とご指導お願いします。

| サイトの説明 |


 ◎閣議決定:「一億総活躍プラン」に慢性疼痛対策 (平成28年6月2日) 
  「介護離職ゼロ」(3)障害者、難病患者、がん患者等の活躍支援の部分に載っています(16ページ)

 ◎「第4回 慢性の痛み対策議員連盟総会」
   自由民主党本部にて開催
(平成28年4月21日)
 慢性の痛みについて啓蒙の大切さなどについて話し合われました。 関連リンク→  

 ◎「一億総活躍社会実現に向けての緊急提言」
  慢性痛対策が盛り込まれました。(平成27年11月19日) 
     一番最後に載っています。ご確認ください。

 ◎「第3回 慢性の痛み対策議員連盟総会」
   衆議院議員会館会議室にて開催されました。
(平成27年9月16日)
 オーストラリアの慢性痛対策を例に、国家として慢性痛対策を進めることの重要性が話し合われました。 関連リンク→     

 ◎疼痛ゼロの日シンポジウムのまとめを準備ができた順にアップしています。
 ブログ
  その1 牛田享宏先生 基調講演
  その2 瀬戸隆一先生 挨拶:講演
  その4 江原弘之先生 講演
  その5 田原克志先生 講演
  その6 柴田政彦先生 講演


 ◎「慢性の痛み対策議員連盟検討プロジェクトチーム」
   第1回会合が開催されました。
(平成27年5月27日)
 ぐっどばいペインからは、2名が参加し、現状分析や慢性痛対策の方向性などについて具体的に議論しました。 関連リンク→  

 ◎慢性の痛み対策議員連盟第2回総会が開催されました。(平成27年3月25日)
 ぐっどばいペインから、2名が出席しました。オーストラリアの入院プログラムを紹介するなど、ペインマネージメントセンターの必要性を説明しました。 関連リンク→  

 ◎「一目で分かる慢性の痛み対策」作成公開しました。(平成27年3月18日)

◎教育啓発ビデオ公開しました。(拡散希望!)

  ①5分でわかる痛みと痛みへの正しい対処法!!

  ②痛みへの理解:ブレインマンの選んだ快復への道すじ

  ③痛みの理解:ブレインマンのストップ・オピオイド

 オーストラリア「ハンター統合病院 痛みサービス」で作られた慢性痛患者への教育ビデオに日本語字幕をつけ公開しました。  (平成26年12月25日)

 大好評!!ぐっどばいペイン啓発・協賛ステッカーはこちら

 ◎「第1回 慢性の痛み関連患者会・支援者リーダー研修会」開催しました。
   《日時》平成28年3月19日(土)午後1時~3月20日(日)正午まで
   《場所》晴海グランドホテル研修室
 | 詳細 |

 「痛みをよくするために」NPOいたみラボ主催:市民公開講座inコラッセ福島
 共催しました。(平成27年3月29日)
チラシ

 第6回ひと・健康・未来シンポジウム2015滋賀(平成27年3月21日)
 「長引く痛み、どうすればいいの?-痛み治療の最前線」共催しました。
チラシ
                               
 「疼痛ゼロの日シンポジウムin高松」第2回難治性疼痛診療システム研究会
 開催しました。  (平成26年10月19日)
寄付者名等


 難治性疼痛・慢性の痛み勉強会&交流会in Nagoya 開催しました。(平成26年7月5日)

 「慢性の痛み対策議員連盟」が設立されました。(平成26年6月5日)

 「慢性の痛み対策議員連盟」に要望書提出しました。(平成26年6月5日)

 厚労省「慢性疼痛患者に対する統合医療的セルフケアプログラム構築」班による
 「慢性疼痛患者のためのセルフケアガイドブック」アップされました。
                                   (平成26年4月2日)

 「第1回 難治性疼痛診療システム研究会」開催しました。> (平成26年3月21日)

 掲示板試験運用始めました。 (平成26年3月11日)


 「痛みの教育コンテンツ」歯学教育用がアップされました。 (平成26年1月22日)

 ご案内パンフレット作成しました。    (平成25年12月20日)

 「筋筋膜性疼痛症候群(MPS)研究会」より「治療指針」が一般公開されました。(平成25年11月15日)


 痛みについての研修会・勉強会・講演会のお手伝いします。(平成25年11月15日)

 「痛みの教育コンテンツ」リハビリテーション学生用がアップされました。(平成25年11月15日)

 『議員・医師・患者会による慢性痛に関する勉強会』代表理事と副代表理事が参加 (平成25年11月13日)
 
 啓発・協賛ステッカーお譲りします。(平成25年11月6日)

 民主党難病対策推進議員連盟に要望書提出しました。(平成25年5月15日)

 広報用ちらし作りました。(平成25年5月8日)

 タマ工芸株式会社様よりご支援のお申し出がありました。(平成25年5月8日)


【これまでの主催・共催行事】

慢性の痛み対策シンポジウムin滋賀

 慢性の痛み対策は、痛み難民を救い医療を変える 
~滋賀県から痛みの医療モデルを日本中に発信しよう~


平成28年5月15日(日)午後1時より   ピアザ淡海にて
 | 詳細 |

「難治性疼痛・慢性の痛み」
市民公開講座&交流会in御茶ノ水

~慢性痛・難治性疼痛;患者にとって本当に必要な医療とは~
《日時》平成27年10月31日(土) 13時~(12時30分受付開始)
《場所》ソラシティーカンファレンスセンターRoomC
 

|  詳細とご質問 | 簡易版案内pdf | チラシpdf |

 「痛みをよくするために」
NPOいたみラボ主催:市民公開講座inコラッセ福島

    《日時》 平成27年3月29日(日) 13時~15時30分(開場12時30分)

      | 詳細はこちら→pdf |


第6回ひと・健康・未来シンポジウム2015滋賀
長引く痛み、どうすればいいの?-痛み治療の最前線

《日時》 平成27年3月21日(土) 13時~17時
《場所》 ピアザ淡海 大会議室(滋賀県 大津市)

      | 詳細はこちら→pdf |


「疼痛ゼロの日シンポジウム in 高松」
第2回 難治性疼痛診療システム研究会

~痛み難民を救う:わが国に適した慢性痛診療システムを求めて。~
《日時》 平成26年10月19日(日) 13時~16時(12時30分受付開始)
《場所》 かがわ国際会議場 高松シンボルタワー6階(高松駅そば)アクセス

   | 詳細 | ちらしjpg pdf |



NPOいたみ医学研究情報センター 市民公開講座

テーマ:『長引く痛みの対処法』
《日時》 平成26年9月28日(日)10:00~
《場所》兵庫県神戸市 三宮研修センター アクセス
             

| 詳細 | ちらし |


難治性疼痛・慢性の痛み勉強会&交流会in Nagoya

テーマ 『慢性痛・難治性疼痛の正しい理解とその治療』
《日時》 平成26年7月5日(土)14時より
《場所》 TKP名古屋ビジネスセンター大会議室4A(名古屋駅徒歩1分)地図                           

詳細⇒こちらをご覧ください    ちらし⇒0705.jpg  


第1回 難治性疼痛診療システム研究会 平成26年3月21日


  テーマ 『痛み難民をつくらないために:現状の把握と今後の展望』
                         in 長久手市公民館研修室     

詳細⇒こちらをご覧ください  ちらし⇒0321.gif 0321.pdf   ⇒アクセス=


「慢性の痛みについて学ぶ in アクロス福岡」開催 平成26年1月13日

   《昼の部》13時30分~ 国際会議場(入場無料)
    NPOいたみラボ主催 市民公開講座
    【テーマ】痛みの苦しみとその真実

詳細⇒http://www.pain-medres.info/seminar/

   《夕方の部》16時~ セミナー室2(参加費1,000円)
    ぐっどばいペイン主催 講演会&交流会
    【テーマ】癒しがたい痛み それを乗り越えるために

詳細⇒http://goodbye-pain.com/0113.htm


「疼痛ゼロの日 記念講演&ぐっどばいペイン設立交流会」
                            平成25年10月20日

【テーマ】分かってほしいこの痛み~それを乗り越えるために必要なこと~
                               in 東京 イイノホール


【関連行事】

 平成26年3月21日「いたみ医学研究情報センター 市民講座」
              愛知医科大学 たちばなホール

    -----○テーマ:『長引く痛み、どうすればいいの?』-----

 平成25年10月20日「いたみ医学研究情報センター 市民講座」 イイノホール
    -----○テーマ:『その痛み、なぜ周りは分かってくれないのか?』-----

 平成25年5月11日 「脊損FBオフ会ぷらす」 戸山サンライズ(東京都新宿区) 



【設立の趣旨】

 我が国は、医療先進国といわれています。しかし、痛みの治療に関する面ではその遅れを認めざるを得ません。平成22年9月に厚生労働省より出された「慢性の痛みに関する検討会」(提言)は、原因不明の慢性的な痛みをもった患者の多くが、適切な対応や治療を受けられないばかりか、理解されないことによる疎外感にも苦しめられていることを明かにしました。更に、痛みをもった患者を支えようとする意識が社会全体に乏しいため、患者の多くが孤独に痛みと闘わざるを得ない状況にいることを指摘しています。

 私達はこのような痛みをもった患者さんを孤独から救い、適切な医療が受けられるようにすると共に、より豊かに生活できるようにすることを目的とした事業を行います。

 そして、事業活動を通して、国民全体にとって有益な痛みに対する医療が発展するよう、根拠に基づいた情報の発信を行います。また、取り組みの成果を広く社会に啓発すると同時に、その分野の医療や福祉を担う人材育成を援助し、痛みを持っていても生活しやすい社会の仕組みを構築するため指導的な役割を果たすことを目指します。


たんぽぽ



【支援医療機関等リンク】

加茂整形外科医院  体の痛みは必ずよくなります・あきらめず じっくりと●大久保クリニック●栃木県みぶ町  (医)社団コスモ会 あらいクリニック 顎関節症クリニックやまだ歯科

平田ペインクリニック  たけうちクリニック  肩こり・腰痛治療ラボ PHYSIO
 江原鍼灸院整骨院

丸善薬局

【支援企業等リンク】

タマ工芸株式会社 壱色笑店  髪工房ハグ

一人ぼっちで、痛みと闘わなくてもいいのです。仲間と共に支え合い、癒し治していきましょう。
他人の痛みを思いやり、理解し合い、誰もが豊かで、生活しやすい社会をめざしましょう。
日本にナショナル・ペイン・マネージメント・センター(国立疼痛管理センター)をつくりましょう。
 

最終更新日2016年7月27日